フラット35Sと借り入れ額のポイントは?

フラット35Sを利用すると金利が優遇されるので、年収が少ない方でもローン返済が楽になるということで利用したいと思われている方も多いでしょう。
ただし、誰でも利用できるというわけではなく、現在借り入れをしている方に対しては基準が設けられているので気を付けましょう。
これには、年収額も関係してきます。
まず、住宅ローンで借り入れをする融資額を含めてすべての借り入れの年間返済額の割合(総返済負担率と言います。
)が年収400万円未満の方ですと30パーセント以下、年収400万円以上の方ですと35パーセント以下という基準を満たしている必要があるのです。
そのため、今現在収入があるけれども返済分が多いという場合にはフラット35Sを利用できないこともあるのです。