カラコンの使用方法を誤ると結膜炎などになる恐れがあります!

カラコンを付けるときには、ケアは必ず必要かと思います。
ケアを怠ったり、間違った使用方法で使い続けると結膜炎などの病気になることもありますので、十分ケアなどをよくわかった上で使うようにしましょう。
もちろん使い捨てのカラコンであれば、その日に捨てることになりますので、ケアは必要ありませんので、ケアをするのが面倒と思う人や、きちんと出来る自信がないというような人がいたら、使い捨てを選ぶことをおすすめします。
使い捨てであっても、目に何か違和感などを感じた時には、使用を中止して必ず眼科などで見てもらうほうがいいのではないかと思いますので、そのままにするというのだけはやめておいたほうがいいかと思います。
正しい方法でカラコンを使用していきましょう。